Takatani Note

【LaTeX】ギリシャ文字・ギリシャ数字

この記事では、ギリシャ文字とギリシャ数字を表示するコマンドを紹介します。

ギリシャ文字

小文字コマンド 大文字コマンド名称
$\alpha$\alpha $A$Aアルファ
$\beta$\beta $B$Bベータ
$\gamma$\gamma $\Gamma$\Gammaガンマ
$\delta$\delta $\Delta$\Deltaデルタ
$\epsilon$\epsilon $E$Eイプシロン
$\zeta$\zeta $Z$Zゼータ
$\eta$\eta $H$Hエータ
$\theta$\theta $\Theta$\Thetaシータ
$\iota$\iota $I$Iイオタ
$\kappa$\kappa $K$Kカッパ
$\lambda$\lambda $\Lambda$\Lambdaラムダ
$\mu$\mu $M$Mミュー
$\nu$\nu $N$Nニュー
$\xi$\xi $\Xi$\Xiクシー
$o$o $O$Oオミクロン
$\pi$\pi $\Pi$\Piパイ
$\rho$\rho $P$Pロー
$\sigma$\sigma $\Sigma$\Sigmaシグマ
$\tau$\tau $T$Tタウ
$\upsilon$\upsilon $\Upsilon$\Upsilonウプシロン
$\phi$\phi $\Phi$\Phiファイ
$\chi$\chi $X$Xカイ
$\psi$\psi $\Psi$\Psiプサイ
$\omega$\omega $\Omega$\Omegaオメガ

var

小文字コマンド 大文字コマンド名称
$\varGamma$\varGammaガンマ
$\varDelta$\varDeltaデルタ
$\varepsilon$\varepsilon イプシロン
$\vartheta$\vartheta $\varTheta$\varThetaシータ
$\varLambda$\varLambdaラムダ
$\varXi$\varXiクシー
$\varpi$\varpi $\varPi$\varPiパイ
$\varrho$\varrho ロー
$\varsigma$\varsigma $\varSigma$\varSigmaシグマ
$\varUpsilon$\varUpsilonウプシロン
$\varphi$\varphi $\varPhi$\varPhiファイ
$\varPsi$\varPsiプサイ
$\varOmega$\varOmegaオメガ

ギリシャ文字を太字にする \boldsymbol

ギリシャ文字を太文字にしたい場合は、amsmathパッケージの\boldsymbolを使います。

表示コマンド
$\boldsymbol{\alpha}$\boldsymbol{\alpha}

※数式モード内書体変更の\mathbf、\mathrm、\mathitはギリシャ文字を太字にすることができません。

ギリシャ数字

LaTeXでは, $\mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}, \mathrm{V}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}, \mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{X} $ などのギリシャ数字を直接的に表すコマンドはありません。
しかし, ローマ字 I,V,X と空白を調節するコマンド\hspaceを組み合わせることによってギリシャ数字を表現できます。

大文字

表示コマンド
$\mathrm{I}$\mathrm{I}
$\mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}$ \mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}
$\mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}$ \mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}
\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}
$\mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{V}$ \mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{V}
$\mathrm{V}$ \mathrm{V}
$\mathrm{V}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}$ \mathrm{V}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}
$\mathrm{V}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}$ \mathrm{V}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}
\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}
$\mathrm{V}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}$ \mathrm{V}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}
\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}
\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}
$\mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{X}$ \mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{X}
$\mathrm{X}$ \mathrm{X}

\hspace{5pt}は文字の間隔を5pt広げるコマンドです。
数値をマイナスにすれば、文字の間隔は狭くなります。

※ギリシャ数字を何回も使うのであれば、マクロの利用がオススメです。 例えば、プリアンブルに下記のコマンドを書けば、 \2と書くだけで, $\mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}$ が表示されます。

\newcommand{\2}{\mathrm{I}\hspace{-1.2pt}\mathrm{I}}

小文字

表示コマンド
$\mathrm{i}$\mathrm{i}
$\mathrm{ii}$\mathrm{ii}
$\mathrm{iii}$\mathrm{iii}
$\mathrm{iv}$\mathrm{iv}
$\mathrm{v}$\mathrm{v}
$\mathrm{vi}$\mathrm{vi}
$\mathrm{vii}$\mathrm{vii}
$\mathrm{viii}$\mathrm{viii}
$\mathrm{ix}$\mathrm{ix}
$\mathrm{x}$\mathrm{x}