Takatani Note

【LaTeX】表・図・画像

この記事ではLaTeXで表・図・画像を出力するための基本的な方法を紹介します。

表組みの基本

LaTexでは、表を出力するtabular環境とarray環境があります。 まずtabular環境について説明します。

罫線なしの表

次の例は罫線のない表です。

LaTeX 罫線なしの表
Input:
\begin{center}
 \begin{tabular}{lrr}
   品名 & 単価(円) & 個数 \\
   りんご & 100 & 5 \\
   みかん & 50 & 10
 \end{tabular}
\end{center}

center環境は表を中央に置くコマンドです。表組みとは直接の関係はありません。 その内側のtabular環境が表そのものを出力するコマンドです。 tabular環境は次の形で使います。

\begin{tabular}{列指定}
表本体・・・
\end{tabular}

列指定は

を列の数だけ並べます。例えば、先ほどの
\begin{tabular}{lrr}
の場合、1列目は左寄せ、2列目と3列目は右寄せになりました。

表本体では、列の区切りは&、行の区切りは\\です。

罫線ありの表

次の例は罫線を「横」に引いた場合の表です。

LaTeX 横罫線の表
Input:
\begin{center}
 \begin{tabular}{lrr} \hline
   品名 & 単価(円) & 個数 \\ \hline
   りんご & 100 & 5 \\
   みかん & 50 & 10 \\ \hline
 \end{tabular}
\end{center}

このように\hlineというコマンドで罫線を横に引けます。 また、\hline\hlineと続けて書くと二重の横罫線になります。

次の例は罫線を「縦」に引いた場合の表です。

LaTeX 縦罫線の表
Input:
\begin{center}
 \begin{tabular}{|l|r|r|} \hline
   品名 & 単価(円) & 個数 \\ \hline
   りんご & 100 & 5 \\
   みかん & 50 & 10 \\ \hline
 \end{tabular}
\end{center}

このように列指定の文字列(この場合lrr)の中に縦棒「|」を入れると、縦罫線が引けます。
また、{lr||r}のように列指定の中で||と書くと二重の縦罫線になります。

セルの結合

列割りの変更

左右のセルを結合したいときは\multicolumnを使います。
\multicolumn{まとめる列数}{列指定}{中身}
です。例えば、

LaTeX \multicolumn
Input:
\begin{center}
 \begin{tabular}{|l|r|r|} \hline
   \multicolumn{3}{|c|}{フルーツ} \\ \hline
   品名 & 単価(円) & 個数 \\ \hline
   りんご & 100 & 5 \\
   みかん & 50 & 10 \\ \hline
 \end{tabular}
\end{center}

ここで
\multicolumn{3}{c}{フルーツ}
は3列分をまとめて中央揃えで「フルーツ」と出力します。

ちなみに、別の使い方として
\multicolumn{1}{c}{中身}
とすれば、そのセルだけ中央揃えをすることができます。

行割りの変更 \cline

上下のセルを結合したいときは\clineを利用します。
\cline{第i列-第j列}
でi列目からj列目まで罫線が引けます。 例えば、

LaTeX \cline
Input:
\begin{center}
 \begin{tabular}{|l|r|r|} \hline
   品名 & 単価(円) & 個数 \\ \cline{2-3}
   りんご & 100 & 5 \\ \hline
   みかん & 50 & 10 \\ \cline{1-1} \cline{3-3}
 \end{tabular}
\end{center}

表の配置場所を指定する

表の中央揃え

表を中央揃えにするにはcenter環境を使います。 また、table環境の\centeringコマンドでもできます。

LaTeX 罫線なしの表
Input:
% center環境
\begin{center}
 \begin{tabular}{lrr}
   品名 & 単価(円) & 個数 \\
   りんご & 100 & 5 \\
   みかん & 50 & 10
 \end{tabular}
\end{center}
% table環境の\centering
\begin{table}[h]
\centering 
 \begin{tabular}{lrr}
   品名 & 単価(円) & 個数 \\
   りんご & 100 & 5 \\
   みかん & 50 & 10
 \end{tabular}
\end{table}

位置指定

table環境を用いて表の位置を指定することができます。 table環境は次の形で使います。

\begin{table}[位置指定]
\begin{tabular}{列指定}
表本体・・・
\end{tabular}
\end{table}

列指定は先ほど説明したので、ここでは位置指定を説明します。

位置指定によって、表の配置場所を指定できます。 指定できる位置は次の5つです。

位置指定は省略できます。位置指定を省略した場合はLaTeXが自動的に判断して表を配置します。

位置指定は複数の位置を指定できます。 例えば\begin{table}{ht}のように指定すると, LaTeXはまず、記述した場所に表を出力できるかをチェックし, 出力不可能であればページ上端への出力を試みます。

表にタイトルをつける \caption

表にタイトルをつけるには\table環境の\captionを使います。

\begin{table}[h]
 \begin{center}
   \caption{フルーツ}
  \begin{tabular}{lrr}
    品名 & 単価(円) & 個数 \\
    りんご & 100 & 5 \\
    みかん & 50 & 10
  \end{tabular}
 \end{center}
\end{table}

【LaTeX】図・画像の挿入

こここからはLaTeXで図・画像を挿入する方法を紹介します。 図の挿入にはgraphicsパッケージを使います。 なので、プリアンブルに次を書きます。

\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}

figure環境と\includegraphics

図の挿入には、次の2つを使います。
・figure環境 (図の挿入場所を指定)
・\includegraphics (図のサイズとファイル名を指定)
これらは次の形で使います。

\begin{figure}[位置]
\includepraphic[オプション]{ファイル名}
\end{figure}
位置には[h] [ht] [htbp]などを指定します。

includepraphicコマンドのオプションには[height=5cm][width=30mm][height=25mm, width=30mm]、ファイル名には「gazo.eps」「picture.jpg」などが入ります。

オプション説明
height画像の高さ [height=5cm]
高さ 5cmに指定
width画像の幅 [width=30mm]
幅 30mmに指定
scale画像のスケール [scale=0.6]
標準サイズの0.6倍
angle画像の角度 [anble=60]
画像を60°回転

図にキャプションをつける場合は、captionコマンドを使います。

\begin{figure}[位置]
\includepraphic[オプション]{ファイル名}
\caption{キャプション名}
\end{figure}

左右に並べる配置 minipage環境

独立な図を左右に並べるには, 次のようにminipage環境を使うのが簡単です。

\begin{figure}
  \centering
  \begin{minipage}{0.4\columnwidth}
     \centering
     \includegraphics[width=\columnwidth]{fig1.jpg}
     \caption{左の図}
     \label{fig:hidari}
  \end{minipage}
%
  \begin{minipage}{0.4\columnwidth}
     \centering
     \includegraphics[width=\columnwidth]{fig2.jpg}
     \caption{右の図}
     \label{fig:migi}
  \end{minipage}
\end{figure}
画像 fig1.jpg 画像 fig2.jpg
図1   左の図 図2   右の図