Takatani Note

【LaTeX】箇条書き

この記事では、LaTeXの箇条書きについて説明します。

itemize環境

itemize環境は行頭に(デフォルトで)●を付けた箇条書きです。

\begin{itemize}
 \item りんご
 \item みかん
 \item バナナ
\end{itemize}

\item[★]のようにすると、そこだけ項目の記号が変わります。

次の例は入れ子(ネスト)の箇条書きです。

\begin{itemize}
\item 第1レベルの箇条書き
  \begin{itemize}
  \item 第2レベルの箇条書き
     \begin{itemize}
     \item 第3レベルの箇条書き	
        \begin{itemize}
        \item 第4レベルの箇条書き
        \end{itemize}
     \end{itemize}
  \end{itemize}
\end{itemize}       

行頭の記号●を一括して変えたい場合

各項目の行頭に付く●などの記号は、クラスファイルの中で定めています。第1~4レベルの記号を出力するコマンドはそれぞれ次です。

例えば第1レベルの●(\textbulletまたは $\bullet$) が大きいので和文の「・」に替えたいならば
\renewcommand{\labelitemi}{・} とします。

enumerate環境

次の例はenumerate環境による箇条書きです。 項目の頭に番号(1,2,3,...)が付きます。

\begin{enumerate}
  \item りんご
  \item みかん
  \item バナナ
\end{enumerate}
\begin{enumerate}
\item 第1レベルの箇条書き
  \begin{enumerate}
  \item 第2レベルの箇条書き
     \begin{enumerate}
     \item 第3レベルの箇条書き	
        \begin{enumerate}
        \item 第4レベルの箇条書き
        \end{enumerate}
     \end{enumerate}
  \end{enumerate}
\end{enumerate}       

行頭の記号●を一括して変えたい場合

各項目の頭に付く●などの記号は、クラスファイルの中で定めています。第1~4レベルの記号を出力するコマンドはそれぞれ

例えば第1レベルの●(\textbulletまたは $\bullet$) が大きいので和文の「・」に替えたいならば
\renewcommand{\labelenumi}{・} とします。

description環境

description環境は左寄せ太字で見出しを付けた箇条書きです。例えば、

\begin{description}
\item[日時] 2020年6月7日 午後3時
\item[場所] 3号館2階セミナー室
\end{description}

それぞれの項目の頭には\item[見出し]を付けます。 見出しの直後で改行したい場合は、単に強制改行 \\を入れてもうまくいきません。 次のように\mbox{}という見えない箱を入れるとうまくいきます。

\begin{description}
\item[日時] \mbox{}
   2020年6月7日 午後3時
\item[場所] \mbox{}
   3号館2階セミナー室
\end{description}

【LaTeX】左寄せ・中央寄せ・右寄せ

ここからは、文章を左揃え、中央揃え、右揃えにする方法をそれぞれ説明します。

1行だけ

1行だけを左寄せ・中央寄せ・右寄せするコマンドとして、それぞれ
\leftline, \centerline, \rightline
があります。

コマンド説明
\leftline{テキスト} {}内のテキストを左寄せ
\centerline{テキスト} {}内のテキストを中央寄せ
\rightline{テキスト} {}内のテキストを右寄せ

それでは実際に1行のテキストを左寄せ・中央寄せ・右寄せしてみましょう。

\documentclass[a5j]{jsarticle}
\begin{document}
 
\leftline{LLLLL} 
\centerline{CCCCC}
\rightline{RRRRR}
 
\end{document}
Output:

LLLLL

CCCCC

RRRRR

このようにテキストが左寄せ・中央寄せ・右寄せされます。

複数行、図、表

下表のとおり、複数行のテキスト、図、表などを左寄せ・中央寄せ・右寄せするには、それぞれflushleft環境、center環境、flushright環境を用います。

タイプ環境
左寄せ \begin{flushleft} ... \end{flushleft}
中央寄せ \begin{center} ... \end{center}
右寄せ \begin{flushright} ... \end{flushright}

\centering

{\centering ... \par}でも複数行の中央寄せができます。 ただし、\centeringは「}」で閉じる前に\par(または空行)が必要です。

{%
\centering  AAAAA \\ BBBBB \par
}
Output:

$\text{AAAAA}$
$\text{BBBBB}$

【LaTeX】見出しの付け方

ここからは、LaTeXで 部・章・節を出力する方法を紹介します。

見出しコマンドには次の種類があります。

レベル
(深さ)
コマンド見出し番号
0\part{部の名前} Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ … 部
1\chapter{章の名前} 1, 2 …
2\section{節の名前} 1.1, 1.2 …
3\subsection{小節の名前} 1.1.1
4\subsubsection{小小節の名前} 1.1.1.1
5\paragraph{段落の名前} 1.1.1.1.1
6\subparagraph{小段落の名前} 1.1.1.1.1.1

注意
\chapterはarticle, jarticle,jsarticleクラスでは定義されていないので使えません。 一方、本・報告書(book、jbook、jsbook、report、jreport)では\chapterが使えます。

【LaTeX】複数行のコメントアウト

ここからは、コメントアウトについて説明します。

「%」パーセント

何か注釈を付けたいとき、あるいは、ある行のコマンドを無効にしたいときはパーセント記号「%」を使います。

ソースファイル中の「%」で始まる行はコメント行になります。行の途中に「%」がある場合、「それ以降から行末まで」がコメント文になります。この部分に何を書いてもコンパイルに影響しません。例えば

\begin{document} % 本文開始
  ...
\end{document}

とすれば、「本文開始」は出力せず、「...」だけ表示されます。

複数行のコメントアウト comment環境

複数行を無効にしたいときはcommentパッケージにあるcomment環境を使います。プリアンブルに\usepackage{comment}と書くと、次のコマンドが使えます。

\usepackage{comment}

コマンド説明
\begin{comment}
~
\end{comment}
~の部分が無効になる.