Takatani Note

【LaTeX】文字や背景の色を変える方法

この記事では,LaTeXで ${\color{cyan}ABCDE}$ のように文字に色を付けたり、 $\colorbox{yellow}{$x+y+z$}$ のように背景の色を変えたりする方法を紹介します。

以下、colorパッケージを使うので、プリアンブルで次のように指定しておきます。

\usepackage{color}

文字に色をつける

文字や数式に色をつけるには\colorまたは\textcolorを使います。

表示コマンド
${\color{red} ABCDE}$ {\color{red} ABCDE}
${\color{blue} ABCDE}$ {\color{blue} ABCDE}
${\color{green} ABCDE}$ {\color{green} ABCDE}
表示コマンド
$\textcolor{yellow}{ABCDE}$ \textcolor{yellow}{ABCDE}
$\textcolor{magenta}{ABCDE}$ \textcolor{magenta}{ABCDE}
$\textcolor{cyan}{ABCDE}$ \textcolor{cyan}{ABCDE}

{\color{色}***}
\textcolor{色}{***}

※\colorと\textcolorのでは括弧{}の付け方が異なるので注意。

注意「***」の部分は文書モードです。数式の場合、***の両側を$で挟みます:

表示コマンド
${\color{red}\int f(x)dx}$ {\color{red}$\int f(x)dx$}
$\textcolor{red}{\int f(x)dx}$ \textcolor{red}{$\int f(x)dx$}

背景に色をつける colorbox

文字や数式の「背景の色」を変えるには\colorboxを使います。

表示コマンド
$\colorbox{red}{sample}$ \colorbox{red}{sample}
$\colorbox{blue}{sample}$ \colorbox{blue}{sample}
$\colorbox{cyan}{sample}$ \colorbox{cyan}{sample}
$\colorbox{green}{sample}$ \colorbox{green}{sample}
$\colorbox{yellow}{sample}$ \colorbox{yellow}{sample}
$\colorbox{magenta}{sample}$ \colorbox{magenta}{sample}
$\colorbox{white}{sample}$ \colorbox{white}{sample}
$\colorbox{gray}{sample}$ \colorbox{gray}{sample}
$\colorbox{black}{sample}$ \colorbox{black}{sample}

\colorbox{背景の色}{文字}

注意 下記のとおり、\colorboxでは数式の背景の色を変えるには数式を$...$で挟む必要があります。

表示コマンド
$\colorbox{yellow}{\int f(x)dx}$ \colorbox{yellow}{\int f(x)dx}
$\colorbox{yellow}{$\int f(x)dx$}$ \colorbox{yellow}{$\int f(x)dx$}

【付録】色の種類について

定義済みカラー

指定できる文字の色は「red」「blue」「cyan」「green」「yellow」「magenta」「white」「black」などたくさんあります。

表示コマンド
${\color{red} abc }$ {\color{red} abc }
${\color{blue} abc }$ {\color{blue} abc }
${\color{green} abc }$ {\color{green} abc }
${\color{yellow} abc }$ {\color{yellow} abc }
${\color{magenta} abc }$ {\color{magenta} abc }
${\color{cyan} abc }$ {\color{cyan} abc }
${\color{white} abc }$ {\color{white} abc }

RGB

redやblueなど定義済みのcolorオプション以外の色を使いたいのであれば、 RGBを使います。

表示コマンド
${\color[rgb]{1,0,0} Red}$ {\color[rgb]{1,0,0} Red}
${\color[rgb]{0,1,0} Green}$ {\color[rgb]{0,1,0} Green}
${\color[rgb]{0,0,1} Blue}$ {\color[rgb]{0,0,1} Blue}
${\color[rgb]{1,0,0.5} ABCDE}$ {\color[rgb]{1,0,0.5} ABCDE}
${\color[rgb]{0,0.5,1} ABCDE}$ {\color[rgb]{0,0.5,1} ABCDE}
${\color[rgb]{1,0.3,0.3} ABCDE}$ {\color[rgb]{1,0.3,0.3} ABCDE}

{\color[rgb]{$x_1$,$x_2$,$x_3$}***}
$0\leqq x_i\leqq 1\ \ (i=1,2,3)$

ここで指定しているrgbオプションは色をRGB値で指定することを意味します。

つまり、色の三原色R、G、B(Red,Green,Blue)の値をそれぞれ指定することで色合いを調整することになります。

R、G、Bの値はそれぞれ0~1の範囲内で指定できます。
1が最も明るく、0が最も暗くなります。

Sample
\documentclass[12pt]{jarticle}
 
%パッケージ
\usepackage{color}
 
%本文
\begin{document}
 
\colorbox{red}{Sample}

\end{document}
$\hspace{20pt}{\huge \Downarrow}$

$\colorbox{red}{Sample}$